株式会社オプトマックス

取扱商品

二重波長の波長板

二重波長の波長板

二重波長の波長板は、複数のTHG-PR偏光回転子から成り、最大の変換効率で第三高調波(1064nm+532nm→355nm)が得られるように偏光方向をコントロールするのに使われます。
一般に、〔タイプⅠ周波数ダブラー〕+〔タイプⅡ周波数トリプラー〕の組み合わせであれば、偏光回転子の必要の無い最高のTHGということができます。
しかし、タイプⅡKTP結晶を周波数ダブラーとして、タイプⅡLBOを周波数トリプラーとして使用すると、KTPから得られるTHGのレーザ偏光がTHGに最適化されていません。これを最適化する方法が、THG-PR回転子です。
共通のλ/2波長位相板のみが、532nmの変更を特定の角度に回転できます。しかし、1064nmの直線偏光は楕円に歪みます。THG-PR回転子は、1064nm(λ板)の直線偏光を保持し、それと同時に532nm(λ/2板)を希望の角度に変えられます。
THG-PRは、次の用途につかうことができます。

  1. タイプⅡ(SHG)+タイプⅡ(THG)
  2. タイプⅠ(SHG)+タイプⅠ(THG)
  3. タイプⅡ(SHG)+タイプⅠ(THG)

仕様

  • 材料:水晶石英
  • 寸法公差:+0.0、-0.2mm
  • 波面歪み:<λ/8 @ 633 nm
  • 位相遅延公差:<λ/300
  • 平行度: <1アーク秒
  • 表面品質:20/10スクラッチ&ディグ
  • 二重波長ARコーティング: R<0.2 % (基本波長)
    R<0.5%(SHG波長)
 波長および位相遅延 φ(mm)
10.0 12.7 15.0 20.0
1064nm:λ、532nm:λ/2 WPT1110 WPT1112 WPT1115 WPT1120
532nm:λ、1064nm:λ/2 WPT1210 WPT1212 WPT1215 WPT1220