株式会社オプトマックス

取扱商品

Yb:YAG 結晶

Yb:YAG (イッテルビウム・ドウプ・イットリウム・ アルミニウム・ガーネット結晶)

Yb:YAG結晶は、最もレーザ活性媒質として適する結晶の1つで、従来のNdドープのものよりもダイオード 励起には適しています。0.94μmで励起し、1.03μmでレーザ出力が得られます。一般に使われているNd:YAG 結晶と比べると、Yb:YAG結晶ははるかに大きな吸収帯域を持つため、ダイオードレーザの熱制御の厳密性を減 少させ、上位準位での寿命が長く、励起パワー当たりの熱負荷は3~4倍低くなります。Yb:YAG結晶は高出力 ダイオード励起レーザのNd:YAG結晶にとって替わることが期待されており、その他の応用にも可能性を秘め ています。特に、受動Qスイッチパルス出力用として有用です。

CASIX社は、最近、Yb:YAG結晶成長に適した技術を開発しました。高品質のYb:YAG結晶および広い範囲の ドーパントレベルが、各種仕様で供給しています。

主な利点

  • 部分加熱が非常に低い:<11%
  • 傾斜効率が非常に高い:72%まで
  • 広い吸収帯域:約10nm @940nm
  • 励起準位または短波長変換での吸収がない
  • 波長940nm(または970nm)の信頼性の高いInGaAsダイオードで簡単に励起可能
  • 高い熱伝導性と強度

基本特性

化学式: Yb:Y3Al5O12
結晶構造: 立方晶系
格子定数: 12.01Å
融点: 1970℃
密度: 4.56 g/cm3
モース硬度: 8.5
熱膨張係数: 7.8×10-6 /K , [111], 0~250℃
熱伝導性: 14 W/m /K (@20℃)
損失係数: 0.003 cm-1
屈折率: 1.82
レーザ発振波長: 1030 nm
励起波長: 940 nm
励起波長での吸収帯域: 10 nm