株式会社オプトマックス

取扱商品

Ti:Al2O3 結晶

チタニウム・ドウプ・サファイヤ結晶(Ti:Al2O3)

Ti:サファイヤ結晶は、高利得で高出力の超短パルス発生や広帯域波長可変レーザ用のレーザ媒質として広く 利用されています。660nmから1050nmの広い波長域でレーザ発振するので、従来の色素レーザにとって替わっ
ています。

温度勾配法(Temperature Gradient Technique:TGT)とInduction Thermal Field Up-shift
Method(IFUM) の結晶成長技術に基づいて、CASIX社では大型サイズ(φ120×75mm)で、高ドーピングレベル(0.4wt%ま で)、高光学品質のTi:サファイヤ結晶の製造に成功しました。チョクラルスキー法(CZ)で成長させた高性能
指数のTi:サファイヤ結晶も提供できます。

 

1.基本特性

化学式: Ti3+ : Al2O3
結晶構造: 六立方晶系
格子定数: a = 4.748, c = 12.957
屈折率: 1.76 @ 800 nm
密度: 3.98 g/cm3
モース硬度: 9
比熱: 0.42 W •s /g /K
融点: 2050℃
熱伝導性: 25 W /m / K
蛍光寿命: 3.2 µs (T = 300 K)
波長可変域: 660~1050nm、ピーク@795nm
吸収帯域: 400~600nm、ピーク@488nm

 

2.標準製品の仕様

配向: 光軸 c ロッド軸に対して直角
Ti2O3濃度: 0.03~0.48 wt%
性能指数(FOM) : > 200
端面形状: 平面/平面またはブリュウスター/ブリュウスターのカット端面
平面度: λ/10 @ 633 nm
平行度: 10 arc sec.
表面仕上げ: 10/5 スクラッチ&ディグ MIL-O-13830A
波面歪み: λ/4/インチ

他の仕様のTi:サファイヤロッドおよびスラブ、ARコーティングもご要求に応じて供給でき ます。