株式会社オプトマックス

取扱商品

Cr4+:YAG クロム・ドウプ・イットリウム・アルミニウム・ ガーネット結晶

Cr4+:YAG クロム・ドウプ・イットリウム・アルミニウム・ ガーネット結晶


高出力な固体でなコンパクト受動Qスイッチ
受動Qスイッチは、製造や動作が簡単になり、低コスト化やサイズおよび重量をスリム化できるので好まれ ています。Cr4+:YAGは、受動Qスイッチダイオード励起またはランプ励起Nd:YAGやNd:YLF、Yb:YAGその他 Ndドウプのレーザなど、波長1.0~1.2μmで発振するレーザに非常に適した結晶です。化学的に安定で、持 続性があり、UVに強く、熱伝導性が良く、損傷しきい値が高く(>500MW/cm2)操作性が簡単であるため、例 えばLiFや有機色素、色中心などの従来の材料にとって替わると期待されています。

基本特性

化学式: Cr4+:Y3Al5O12
結晶構造: 立方晶系ガーネット
ドーパントレベル: 0.5 mol%~3 mol%
モース硬度: 8.5
損傷しきい値 > 500 MW/cm2
屈折率: 1.82 @ 1064 nm

 

主な仕様

平面度: < λ/8
波面歪み: < λ/4
平行度: < 30秒
表面品質: 20/10 スクラッチ&ディグ
ARコーティング: R<0.2% @ 1064 nm

 

ARコーティングおよびHRコーティングが可能です。お客様のご要求に応じて10%~95%の初期透過率(To) を制御することができます。標準サイズ3×3mm2、To=80%または90%のものは在庫しており即納できます。 「ダイオード励起レーザ光学キット」のページをご参照ください。

CASIX社のCr:YAGの予備実験では、受動Qスイッチレーザから、ダイオード励起Nd:YAGで9nsの短パル スが、ダイオード励起Nd:YVO4で10kHzの繰り返し周波数が得られています。さらに、532nmのグリーン光、 355nmと266nmのUV光が、ダイオード励起受動QスイッチNd:YAGおよびNd:YVO4レーザに、それぞれKTP またはLBOを使ったイントラキャビティSHG、LBOとBBOを使ったTHGおよび4HGから十分な出力で得ら れています。

Cr:YAGは、また、波長域1.35μmから1.6μmの可変出力用結晶でもあります。1.064μmのNd:YAGで 励起した場合、超短パルス(fsパルス)も発生できます。

:Cr:YAG結晶をご注文の場合は、口径、初期透過率(To)およびコーティングをご指定ください。