株式会社オプトマックス

取扱商品

Cr:Mg2SiO4 結晶

Cr:Mg2SiO4(クロム・ドウプケイ酸二マグネシウム結晶)

Cr:ケイ酸二マグネシウム結晶は、近赤外の空白領域を埋める新しい波長可変レーザ媒質です。波長可変域 は、1167nmから1345nmの重要な波長域をカバーし、この領域は光ファイバーでの分散が最少となる領域です。
Cr:ケイ酸二マグネシウムレーザは、半導体の特性評価やアイセーフ、医療、産業および理化学研究などのニッ チな応用に適しています。532、578、629および1064nmで励起した場合、パルス発振とCW発振の両方の動
作ができます。
CASIX社は、最近、チョクラルスキー法でCr:ケイ酸二マグネシウム結晶を成長させることができる最先端 の技術を開発しました。(5~10)×(5~10)×(15~20)mmの標準サイズのCr:ケイ酸二マグネシウム
結晶が提供可能です。その他の仕様、ARコーティングは、ご要求に応じて供給します。

1.物理的、熱的、光学的特性

化学式: Cr:Mg2SiO4
濃度: ~3 ~ 6 x1018 cm-3
融点: 1890℃
密度: 3.22 g/cm3
モース硬度: 7
熱膨張係数: 9.5×10-6
熱伝導性: 8 W /m /K (300 K)
誘導断面積: 1.44×10-19 cm-2
レーザ発振準位での緩和時間: <10 ps
放射寿命: 25 µs
自然蛍光寿命: 2.7 µs
損失係数: 0.02 cm-1
屈折率: 1.635

 

2.分光およびレーザ特性

主な励起帯域: 850~1200、600~850、350~550nm
蛍光帯域: 680~1400nm
室温蛍光寿命: ~3 µs
レーザ発振波長(中心): 1235nm(パルス時)、1244nm(CW 時)
スペクトルバンド幅: 30nm(パルス時)、12nm(CW時)
一般的な傾斜効率: 23%(パルス時)、38%(CW時)
波長可変域: 1167 ~ 1345 nm
利得断面積: ~1.45×10-19 cm2