株式会社オプトマックス

取扱商品

方解石 複屈折結晶

方解石 複屈折結晶

方解石は、高い複屈折性と広い波長透過性、比較的大形サイズの菱面体を持つ負の一軸性結晶です。非常に柔 らかく傷付きやすい結晶ですが、例えば、グランテーラーやグラントムソン、グランレーザなど、可視や近赤外
の偏光子として使うには理想的な材料です。

CASIX社では、CWグリーンレーザ光を使って検査し、生の方解石結晶を注意深く選別しています。方解石プ リズムとして、高光学品質の表面に仕上げるためのカットから研磨に至る数々の専有プロセスを完成しています。
こうした熟練技術が、高品質の光学部品に仕上げ、高ピークパワーのレーザにも耐え得る偏光子に作り上げてい ます。

1.方解石の基本的特性

波長透過域: 350~2300nm(透過曲線をご参照ください)
形状: 菱面体晶系結晶
密度: 2.7 g/cm3
潮解受容性: 湿度に対し低受容性
モース硬度: 3
熱膨張係数: αa = 24.39 x 10-6/K; αc = 5.68 x 10-6/K
結晶のクラス: 負の一軸性(no=na=nb, ne=nc
屈折率、複屈折性(△n=ne-no)および
45°時のウォークオフ角(ρ):
no = 1.6557, ne = 1.4852, ∆n = -0.1705, ρ = 6.20ο at 0.63 µm
no = 1.6629, ne = 1.4885, ∆n = -0.1744, ρ = 6.32ο at 1.30 µm
セルマイヤーの分散式(λ:μm): no2 = 2.69705 + 0.0192064/(λ2 – 0.01820) – 0.0151624λ2
ne2 = 2.18438 + 0.0087309/(λ2 – 0.01018) – 0.0024411λ2

 

2.仕様

表面品質: 20-10スクラッチ&ディグ
寸法公差: ±0.1mm
ビーム変位: <3 アーク分
光軸配向公差: ±0.5°
平面度: λ/4 @ 632.8 nm
透過波面歪み: <λ/2 @632.8 nm
ARコーティング: R<0.5%