株式会社オプトマックス

取扱商品

ビームスプリッタ―

ビームスプリッタ―

ビームスプリッターは、ビームを分割したり混合する場合に使われます。
標準品として提供している形状は、プレートタイプとキューブタイプです。
プレートタイプは吸収が少ないので、ほとんどのレーザアプリケーションに使われています。
キューブタイプは低出力用に保護されており、使い勝手の良いタイプです。
ペリクルは、二次反射で干渉の起こらない非常に薄いタイプです。
ビームスプリッターの性能は、主としてコーティングに依存します。

ビームスプリッターのそれぞれのタイプのコーティング曲線に関しては、詳細をコーティングの章でご参照ください。

ビームスプリッターを選択する場合には、その形状やコーティング、透過特性、損傷しきい値などを考慮する必要があります。

 

ビームスプリッタ― 波長域 特性
ビームスプリッター
プレート
広帯域波長 CASIX社のビームスプリッタープレートは、高出力レーザで使うことができます。
ビームスプリッタープレートを使うときには、2つに分割されたビームがそれぞれ異なる光路を進むことに注意することが重要です。光路は、ビームの入射角とプレートに厚みに依存します。
単一波長
ビームスプリッター
キューブ
広帯域波長 ビームスプリッタープレートと比べ、CASIX社のビームスプリッターキューブには以下の利点があります。
・反射ビームおよび透過ビームの光路長が同じ。
・透過ビームの光路に変位や偏向が生じない。
・安定でコンパクト
・操作が簡単
単一波長
ペンタ・ビームスプリッタ―・キューブ 広帯域波長
630-680nm
T/R:20%/80%±5%
ペンタビームスプリッタ―は、ペンタプリズムとウェッジの組み合わせでできています。
ビームスプリッタ―キューブと同様に、以下の特性があります。
・透過ビームの光路に変位や偏向が生じない。
・安定でコンパクト
・操作が簡単
詳細については、ペンタ・ビームスプリッタ―・キューブのページを参照してください。
偏光ビームスプリッターキューブ 広帯域波長 偏光子やビームスプリッター、ビームコンバイナーとして使うことができます。入射ビームに平行な出力ビームはp偏光ビーム、直交する出力ビームはs偏光ビームと呼ばれています。
単一波長